予算を決めてその範囲内で選ぶ必要がある

イベントなどの幹事を行うときには、何らかのゲームなどを行うかもしれません。この時に必要になってくるのが景品です。ただ楽しんでもらうこともできるでしょうが、何かをもらえるのともらえないのとではかなり楽しみ方に差が出てきます。ではどんなものを用意するのが良いかですが、まずは予算を決めておく必要があります。予算が決まっていないと、ものすごくいい商品を買ってしまったり、ものすごく興味の薄い商品を買ってしまう可能性があります。イベントによって参加費用を徴収したりするでしょうから、その中から一定額をねん出して決めると良いでしょう。

イベントでゲームをするとき、できれば参加する人に盛り上がってもらいたいです。この時、景品があるかないかで大きく反応が変わります。さらに何がもらえるかでも違いがあります。いいものがもらえればみんな必死になってくれますし、つまらないものなら誰も真剣になってくれないでしょう。ですから、ゲームの前に何がもらえるかを事前に発表するときもあります。海外旅行や家電製品、旅行券など豪華なものがもらえるとわかると、より真剣に参加してもらえます。数は決して多くなくてもいいので、目玉になる賞品を決めます。定番よりも変わったものの方がいいでしょう。


多くの人にもらってもらえるものを用意する

忘年会や結婚式の二次会などは、会費を払って参加してもらっています。主に食事代になりますが、それ以外にはゲームなどの費用も含まれます。ゲームに参加をして上位に入ることができれば、いい賞品がもらえるかもしれません。せっかく頑張ったのに何ももらえないのはさみしいでしょう。そこで、多くの人に参加賞として渡せるものを用意しておきます。上位の賞品がいいものほどあまりコストはかけられませんが、それでももらって喜んでもらえるものが良いでしょう。商品券などなら比較的喜んでもらえます。キャラクターグッズなども人気があります。

テレビの懸賞などでは、豪華な賞品が当たればそれを自宅に送ってもらえます。ですから持ち帰るなどは考える必要はありません。しかしイベントなどを行うときの景品は、基本的には持ち帰ってもらえます。あたったのはいいが、重くて持って帰れない、生ものなので心配などだと困ります。持ち帰りにも配慮した対応が必要になります。大きなものであれば、幹事が責任をもってその人に配送するなどをしてあげると良いでしょう。牛肉などの生ものは直接渡すのではなく、引換券等を渡すようにします。カタログギフトのような商品があり、自分で手続きができます。