受け取る相手を考えて選ぶことが大切です

景品を選ぶ歳には、やはり受け取る側が盛り上がり、欲しいと思ってもらえるものを用意することが大切です。どんなに高級で優れた商品でも、それらを必要としていない人の前では、価値が半減してしまいます。時間がなかったり、余裕が無いと、何となく良いもの、人気のあるものを安易に選んでしまいます。曖昧に決めるのではなく、実際に景品を手にする人達に喜ばれるものをしっかりとリサーチして選ぶことがポイントになります。

ラインナップに変化を持たせることも大事です

何度か同じメンバーでイベントを行うと、景品の品揃えも毎回、似た様になってしまうことも珍しくありません。もちろん高い人気を誇る品物に関しては、常に用意しておいた方が喜ばれる筈です。けれど、多くの商品やジャンルを固定してしまうと、面白味や新鮮味にかけてしまい、イベント自体の盛り上がりもイマイチとなってしまいます。一つか二つ、全く異なるジャンルや初めて扱う商品を取り入れたり、ラインナップに変化を持たせた方が、景品に対しての期待感も高まりますし、イベントの成功にも繋がる筈です。


カスタムするという選択肢もあります

オリジナルの景品を用意するというのは、時間もかかりますし、難易度も高いので、中々手が出ないかもしれません。けれど、カスタムを利用すれば、商品を選別し、必要なものだけを詰めたセットといった形で、景品を用意することも可能です。複数の商品が詰め合わされているセットは、豪華でお得にも見えますが、要らないものが入っていることもあります。また、セットの中の特定の商品が違うものだったら良いのにと思うこともある筈です。そういった悩みを解消してくれるのがカスタムです。プチオリジナル感も演出出来ますし、予算や商品の点数を指定してセットを作ることが出来るので、利用し易く、とてもお勧めと言えます。

準備や用意をする上で抑えておきたい注意点

景品の用意をする場合、時間的な余裕がどれだけあるかといったことが鍵になります。何度か既に経験しており、景品選びに慣れている場合には、それ程大変ではないかもしれません。けれど大抵の場合、景品を用意する他に、イベントの会場を確保したり、進行を考えたり、やるべきことを抱え、同時進行していくことが殆どです。景品の準備は、優先順位の最上位にされることは少ないため、忙しさに追われてしまうと、手配したつもりで忘れてしまったり、ついつい後回しにしたまま当日を迎えてしまうといったことも珍しくないので注意が必要です。また、複数で担当する場合には、しっかりと連絡や確認をし合い、見落としがない様にすることも大切になります。イベントが開催される日から逆算し、時間的に余裕を持って準備することがポイントと言えます。