ダイレクトメールの案内や広告の意味

ビジネスでのダイレクトメールの意味ということでは、案内や広告のためのアイテムということになります。それを、もっと詳しく分析してみると、新商品を顧客に知らせるとか、キャンペーンなどの案内のために利用するとか、リピーターになってもらうために、常に、新しい商品を連絡するとかなど、知ってもらうためのツールということで活用するということになります。またダイレクトメールということでは、インターネットのメールがイメージされますが、ハガキや封筒などで送る郵便なども含まれます。また、その方法もいろいろあり、スマホやインターネットでのサイトなどへの誘導や広告などや画像などで興味を引き付けるものなどさまざまです。それらの方法をよく理解して、ターゲットになる顧客の傾向も考えて活用するということが重要なポイントです。見てもらえなければ、意味のない宣伝方法でもあります。

ダイレクトメールは一通数十円で送れる

ダイレクトメールは、大量に発注すれば一通当たりの値段はどんどん低くなっていきます。最低で一通当たり40円程度の値段になりますから、一万通送ることになっても40万円程度しかかからない計算になります。十万通でも400万円ですから、テレビCMや雑誌広告を打つことを考えれば、コストパフォーマンスはよくなります。ダイレクトメールは、直接個人宅に広告を打つ手法のことです。対象となる家庭をしっかりとマーケティングの上で絞り込んでいけば、効果は数倍にも高まることでしょう。本当にその広告が効果的な家庭にだけ送付することができれば、とても低いコストで大きな宣伝効果を得ることができるはずです。小規模事業者でも利用しやすい広告手法であって、とくに地域密着型の企業なら使い勝手は良くなるはずです。ネットで簡単に注文ができますし、検討してみてはいかがでしょう。

ダイレクトメールの効果はどの程度あるのか

ダイレクトメール業界では「センミツ」という言葉が使われています。これは、1000通のダイレクトメールを送って、3つのレスポンスがあるということを意味しています。つまり、レスポンス率が0.3%ということです。これは低いように思うかもしれませんが、商品によっては悪くない反応率なわけです。3つの申し込みを得られれば、1000通のダイレクトメールを送付する費用を超えて利益が出せる業界なら、十分に使う価値は高いと言えます。長期的にたくさんのお金を落としてもらえる業界なら、より効果は高くなります。そもそもレスポンス率が悪くても、自社の名前や商品を知ってもらう役には立っています。総合的に考えると、悪くはない広告手法だと言えます。ですから、大勢の企業が積極的にDMを使っているわけです。マーケティングをしっかり行えば、このレスポンス率は向上させることも可能です。